【女が豹変する原因とその対処法】

woman-1958723_640.jpg
こんにちは、仙台の結婚相談所 マリッジコネクトです。

先日、こういったツイートをしました↓

さっきまで楽しく過ごしていたのに、
気が付いたら彼女がむすっとしている...

男性「どうしたの?」
女性「別になんでもない」
男性「そう?...あっ、アイスでも食べる?」

~1時間後~

女性「ぐちぐちぐち...」
男性(なんでこんな嫌味言ってくるんだろう...イラッ)
  「なんか好きな映画でも見る?あれとか...」
女性「もう!そんなんじゃない!」
男性「!?!?...え!?なんだよ急にキレて!さっきからおかしいんだよ!」


☢ケンカ勃発☢


こんなシチュエーション、経験したことはありませんか?
男性からしたら「急に不機嫌になる彼女」はおかしいですよね。

しかし、ここで多くの男性が見落としていることがあるんです。
婚活でせっかく出会えた相手と、ほんの少しの勘違いで
破局してしまう、なんて嫌ですよね。
私も、せっかく出会えた相手とすれ違い、
歩み寄っていけないなんて、苦行そのものだと思います。


そこで、今日のテーマは
【女の豹変】について、です!



  • ・女性が豹変する理由

  • ・男女で違う「感情」の据え方

  • ・知っておきたい女心のポイント



・女性が豹変する理由


結論から言います。
【感情(気持ち)を共有してくれない】

これです。

そもそも男女では、ものの考え方が違います。

男性社会で「よし」とされていることは、
たいていの女性にとっては「突き放されている」という
行為に移るケースがとても多い。

特に、【怒りポイント】は予想外がほとんどです。

上記のシチュエーションの場合を考えると
どこで怒りポイントに着火しているかわかりますか?

それは、不機嫌な彼女に対して
【原因をはっきり聞こうとしなかった】から。

え~~~...1回聞いてるじゃん...

と思う男性、甘いです。(-_-;)

女性は、自分がむっとしたことがあったのは
仕方がない、と頭では分かっています。
彼が自分を気にしてくれていて、機嫌が悪いということに対して
【機嫌を取ってくれている】ことは伝わっています。

しかし、この【機嫌を取ってくれている】という行為が
さらに彼女を追い詰めます。
それは、【機嫌】を取ることで解決しようとすること
腹を立てるのです。


男性からすれば「せっかく嫌な気持ちを我慢して機嫌取ってるのに!」と
ブーイングが来そうですが、努力の矛先が間違っているから
あなたも彼女もイライラしてくるのです。


うわべだけ繕っても、心が曇っていれば
また同じ不機嫌な状態がすぐに戻ってきます。

これは女性に顕著に表れる傾向が強く、
彼女の機嫌を取ろうとすればするほど
彼女を追い詰めることに繋がります。
なぜなら【気持ち】を我慢しているから。

だから、【機嫌】をとろうとするのではなく
【気持ち】を共有してもらう ことに重点を置いてください。

対人関係、特に彼女や妻に対して「我慢」はあまりよくありません。

男性は、無意識に「我慢」という方法を選ぶ人が多い。
それは、日々の仕事で我慢を強いられ、踏ん張らなければならない
場面が多く、癖としてしみついてしまっているからだと思います。
だから、女性が感情的になると「そんなことくらい我慢して機嫌よくいろよ」
とイラッとするかもしれません。

これは、生き物としても性質が違うので
「女性とはこういうものか」と
あきらめて受け入れてください(笑)

お互いが我慢を続け、不満があっても言わない・言えない状況が続けば
仮面夫婦のできあがりで、2人の距離は広がっていくだけです。
いいことなんて1つもないし、「我慢」という方法しか知らない関係に
強い絆が築かれていくこともないでしょう。

・男女で違う「感情」の据え方


●女性→感情を【話して】整理していく生き物。

 感情は共有して、わかりあいたい。
 相手に望むのは、ポジティブな感情を見せてほしい。
 マイナスな感情はできれば感じていたくないし、早く脱出したい。
 でも、1人でなんとかするには時間がかかる。

 *女性が心掛けること*
  友達に話す。きちんと声に出す。もしくは書き出し、捨てる。
  自分が気持ちよくいられる方法をいくつか持っておく。

 *男性ができるといいこと*
  気持ちを吐き出させてあげることが
  彼女の機嫌がよくなる1番の方法。


●男性→感情は「抑えつけるもの」

 なぜなら、感情はよくわからない。
 怒りの原因がわからない。だって、悲しい・寂しいなんて
 女々しくて、弱い自分であると認めるのが怖い。
 だから我慢してみないふり。でも気になるし、イライラしちゃう。
 
 *男性が心掛けること*
  「弱い気持ちがあってもいい」と認めること。
  弱い気持ちがあることと、行動できずにグズグズする弱さは別物と認識する。
  「なぜそう思うのか?」を3回繰り返して自問自答してみる。

 *女性ができるといいこと*
  一般的には、放っておけるといい。
  ただし、将来を見据えた相手には「気持ちを出しても受け止めるよ」という
  意思表示をして、声をかけてみる。(ハッキリわかりやすく伝える)
  

本来、女性は感情を共有したいもの。
共有できると、安心してあなたを信頼できるようになってきます。

また、男性は強くあることを幼少期から求められてきたことから
「さみしい、悲しい気持ちは悪」と捉え、
自分の辞書からないことにしている場合がとても多い。
しかし、それらを感じざるを得なくなると「怒り・イライラ」として
湧き上がってくる。

「頑張っているのに、彼女が分かってくれない」
 :相手に伝わらずにさみしいと感じた→イライラ

「事前に準備してたのに、彼女に怒られた」
 :自分の努力が認めてもらえず悲しい・ショック→怒り


こんな感じで、わかりやすく「怒り・イライラ」として
認識されます。
だから、男性にとって【自分の弱みと感じる気持ち】を認めることが
とっても大切なのです。
いろんな感情やみたくない感情があるかもしれません。
しかし、そこに向き合って自分を認めることで
相手の感情を許せるし、真の強さがにじみ出てきます。


・知っておきたい女心のポイント


男性は、

自分の感情を抑え、見ない振りする。落ち着くまで待つ。

これでは、少しずつ漏れたガソリンと同じで
小さな煙草の火だけで大爆発します。


最善の対処法は
【嫌な気持ちは、適切に、論理的に話す。】です。

先ほどのシチュエーションを例に挙げれば

男性「どうしたの?」
女性「別になんでもない」
男性「そんな風には見えないよ。
   なにかあったらハッキリ教えて?
   そんな顔されてたら、気になってしょうがない。
   せっかく2人の時間、楽しんでほしいんだよ。
   だから話してほしい。」
女性「...さっき、あなたが好きそうなタイプの女の子にくぎ付けだったのが
   嫌だったの」


こんな感じです。


 ①自分からどんなふうに見えているか
 ②彼女にどうしてほしいか
 ③今の自分の気持ち

この3ステップが、2人の関係を深めます。

これが難しい場合は、②③だけでも充分です。

何度も言いますが、女性は【感情の共有】に安心を覚えます。
男性に我慢を強いているわけではないのです。

だから、素直にあなたがどう思っているのか話してみてください。
はじめは恥ずかしさで穴に入りたくなることもありますが、
そこを乗り越えて伝えることで
彼女に信頼と安心を与えられ、あなた自身もイライラから解放され、
「本当の理解者」として彼女との関係を築いていける、
大きなきっかけになることでしょう。

※注意※______________________________
 別れたい相手がいる時は、反対に
 「ハッキリとした強要」「拒否・拒絶」の態度が一番応えます。
 「めんどくさいから自分がやる」だと、都合のいい相手として
 依存されるので注意です。好きな相手には絶対にしないでくださいね!
__________________________________

男性は、女性に対して優しい方がほとんどだと思います。
しかし、間違った努力で彼女と向き合っても、
彼女もあなたも苦しいだけ。

2人で幸せになるために、あなたが孤独を感じず、やるべきことに
集中して人生を送れるように
男性が自分の弱さに気づき、認める。受け入れる。
そうすることで、少しずつ安定した男女関係を築いていける
大きな土台を作ることができます。
______________________________________


~友人のような距離で、サポートします~


★無料オンライン相談受付中★

🌸仙台の結婚相談所 マリッジコネクト
https://www.marriage-connect.com/


📤お問い合わせ
https://www.marriage-connect.com/contactssl.html


🕊Twitter