方程式を知らないと、また解けないのは当たり前


math-1547018_640.jpg
こんにちは、仙台の結婚相談所マリッジコネクトです。


先日、こういったツイートをしました。
https://twitter.com/mariage_connect/status/1270733357874208768?s=20


勉強ができていて、損することはありません。
しかし、勉強"だけ"では人間関係での
壁にぶち当たったとき、頭で解決しようと苦戦し
心が追いつかずにふさぎ込んでしまうことがあります。

これがだれにも相談できなかったり、
我慢している状態が続くとウツっぽくなってきます。

頭では「確かに納得いくな」と
理解していたつもりでも、後々になって
とても高い確率で同じような壁にぶつかる。

こういった経験をした方は、少なくないのではないでしょうか。

・なぜこんな嫌な気持ちになるのか
・なぜ毎回同じような問題が起きるのか


その回答は、

過去の嫌だった経験から、学んでいないから。


行動も直しているし、未然に防いだいたはずなのに...

確かに、同じ間違いをしないように
気を付けていたことでしょう。


では、あなたのその【出来事への据え方・感情の揺れ】
について、考えたことはありますか?

何度も同じような嫌な気持ちになることが巡ってくるのは、
その嫌な感情になる原因に気づいていないからです。


それはまるで、公式が分からないのに
いきなり方程式を解き始めるようなもの。


これでは、同じような問題が出たとき
「あ、これはこの方程式が使えるな」と
気づかない限り、解くのはとても難しいと思います。


特に男性にとっては、自分の「いやだ」と思う感情を
掘り下げていくのは結構苦痛に感じるかもしれません。

しかし、方程式を解くように、「自分がなぜいやな感情になるのか」を
みつけることができれば、似たような事態になりそうなとき
「今はいったん、休憩をはさんで気分転換しよう。」と
具体的な対策を取れますし、自己コントロール能力も上がります。

自己コントロール能力が上がる

ということは、婚活において
モチベーションを保ったり、相手に対して自分が落ち着いて
行動できるように先回りできます。

結婚後の夫婦関係においても、自分の嫌だと感じるポイントが
分かっていれば「これをされるととても嫌なんだ」と伝えることができる。

女性は、その一言があるだけで、どんなにけんかをしていても
「これは嫌だと言っていたのに、やってしまったのは私かな。」と
素直に謝れます。(笑)


自分が気持ちよく結婚生活を送るためにも、
相手と信頼関係を築くためにも
こうした【自分の感情のポイントを知っておく】ことは
大きな防衛策、とも言えます。

一人でやってみるのが難しいときは、
ぜひ私たちマリッジコネクトにお任せください。

2020©
______________________________________


~友人のような距離で、サポートします~


★無料オンライン相談受付中★

🌸仙台の結婚相談所 マリッジコネクト
https://www.marriage-connect.com/


📤お問い合わせ
https://www.marriage-connect.com/contactssl.html


🕊Twitter