あなたは"虫"?それとも"子ども"?

indian-1717192_640.jpg
こんにちは、仙台の結婚相談所 マリッジコネクトです。

本日、こんなツイートをしました。

今日は、日本人の《いい子》の刷り込み、
それは【狭くて苦しい人間関係の始まり】であることを
書きたいと思います。

  • ・≪いい子≫ってどんな子?
  • ・≪いい子≫であることの代償
  • ・心から信頼しあい、愛し合える関係を築くには


・≪いい子≫ってどんな子?


気づいたころから

「いい子でいなさい」
「親の言うことは絶対聞きなさい」
「周りに迷惑かけないように生きなさい」

と言われ続けてきた方が多いのではないでしょうか?


ここで質問です。

あなたが思う《いい子》、それはどんな子ですか?

親の言うことを反論せず聞き入れる子
勉強ができる子
友達と仲良くできる子 ...


色々なことが言えますね。

これを読んでいるあなたは、
「なんで子供の話をするんだ、婚活と関係ないだろ」
と、感じているかもしれません。


そうです、私は"子ども"に話しています。
子どもは大人がいなければ生きていけません。
自分の意思や考えがあっても、物理的に支えてくれるものがなければ
生きていけない。

だから、大人の言うことを聞き入れることが
生きるための手段であり、
自分と自分以外の人が違うということを感じ取っていきます。


本当の「こうしたい」という希望を探し、ストレス処理力を高め、
将来に向けて試行錯誤しながら探っていく時期でもあります。

そうした時期を乗り越えつつ、自分の理想をかなえるために
力強く生きていくための【1つの通過点】として
反抗しつつもある程度大人の言うことを聞く必要がありました。

それは、≪辛抱≫か、≪我慢≫か。

自分の理想を叶えるために、親や大人からの支援が欲しい。
それは、自分の意見を共有し、明るい未来をつくるための≪辛抱≫のひとつ。

≪我慢≫は、ただただ自分の気持ちを押さえつけ、一人苦しみ、
周りにもそれを強要し、反すれば「ありえない」と
罰する。
その先には、理想的な未来も幸せな結婚もありません。

あなたは今、"子ども"ですか?

違いますよね。
働いて収入を得ることができるし、
快適な空間を選んで移動できる。

自分で自分の「やりたい」希望を叶えられます。
これは、人間として生きる上で、トイレに行くことと同じです。

お腹がすいたからご飯が食べたい
トイレに行きたい

愛されたい
褒められたい
認められたい

これらは生理的欲求と同じくらい、当然です。

もし、「そんなの違う」という方は

トイレに行く
ご飯を食べる
生殖をおこなう

これらができれば幸せですか?


もしも「幸せだ」というかたは、
人間そのものを否定していて、さまざまな文化・文明に興味がないはずです。

それはまるで、排せつ・食べる・生殖をおこなうだけの
虫と同じです。


もしもここで、先ほど「幸せだ」と答えたあなたに
趣味ややりたいこと、夢や理想がある人は、9割がた
自分に嘘をついています。


自分に嘘をつくことは、これからの婚活もうまくいかないでしょう。
相手にも我慢を強いて、ピリピリした関係が築きあがっていくだけの可能性が
極めて高く、幸せな結婚生活からは縁遠くなります。


「相手は自分の鏡」というように
あなたのその苦しいと感じている顔は、相手にも伝わり、
同じように相手からも我慢を強いられることになるからです。


だから、【素直である】ことが
これから幸せな人生・結婚を希望するあなたにとって
とても大切なのです。


・≪いい子≫であることの代償

いい子は、100発100中《我慢》をしています。
例外はいません。

ニュースで犯罪が起きた時
「あんなにおとなしくていい子だったのに」
「学校でも成績が良くて、問題なんて起こさない子だったのに」

と聞いたことはありますよね。

これは、いい子が我慢し続け、他人の自由な行動が
(許せない・もっと我慢しろよ・自分はこんなに我慢してるのに)
という思いが積もり積もって、最悪の方向に向かってしまった結果です。

それは、いじめやDV、誹謗中傷といった
身近な問題のほとんどが≪我慢≫が原因です。


いい子を批判しているのではありません。
親の言うことをよく聞く子は、本来親を助けたい・役に立ちたいと思う
思いやりのある優しい子です。

しかし、それが思春期を迎えるにつれて
自分の主張をすることができるようになり、
さまざまな人間関係やふがいなさ、受け入れなければならない現実と
葛藤しながら、感受性を豊かにし、視野を広げていきます。


これを読んでいるあなたは、"大人"ですよね。

もう、自分を自分で守れるし、自分の将来は自分で決められる
本来≪自由≫な生き方ができるはずです。


それができず、イライラが止まらない。苦しい。心が休まらない。

それは、あなたが"子ども"から卒業できていないからです。


≪我慢≫は、自分の本心を押さえつけ、見ないふりをするセルフ虐待です。
≪辛抱≫は、目標達成のための「耐え忍ぶ」時期。

これは似て非なるものだと覚えておいてください。


女性がいい子でい続けると、

  • ・無責任な人を選ぶ
  • ・DV、冷徹、金銭感覚のおかしい人に尽くしてしまう
  • ・ヒステリック、学歴重視の教育ママになりやすい


男性がいい子でい続けると、

  • ・家庭内でなんらかの問題が起きる(仮面夫婦、暴力など)
  • ・早い段階で病に侵されやすくなる
  • ・目上の人にこき使われることが出世の道だと勘違いする

共通は

  • ・自分の意見を言えないので、うつ病になる。自殺願望
  • ・相手の顔色を見続け、心から愛されない
  • ・満たされないので浮気、不倫に走る

ときどき、出世やいうことを聞いてくれる相手に出会えることもありますが
その先にはまた同じような苦しい環境が待っています。

一時的にいい状態になったとしても、《我慢》が当然になっている関係に
自由はやってこない。

なぜなら≪我慢≫は当然のように"普通"になり、気づかなくなるからです。

相手が我慢していると、こちらも「あれ?」と気づきますよね。
それは、相手だって同じです。

そして、関係をよくしようと我慢を続ければ続けるほど
もんもんと消化されない気持ちが積み重なり
2人の心の距離は広がり、仮面の関係になっていきます。


≪我慢≫が生み出すものは

「~しなければならない」という思い込みや偏見、
「自分ばかり我慢しているのに」という憎しみと怒り、
「まだ認められないのか」という悲しみやさみしさ、

こうしたマイナスの感情しか生みません。

今の日本を見ていても、本心とは別に
我慢を強いるから精神病患者が増え、
自殺も多い。

いじめやSNSでの誹謗中傷も、満たされない心を持つ
≪我慢≫から来ていると言っても過言ではありません。


それは、自分と近い相手ほど伝わり、無意識に縛りつけ、
相手からも同じように思われることが多いのです。

≪大人になってのいい子≫は、愛する人と
信頼関係を築く上で、いいことはないです。

言葉と表情・行動が必ず反比例してきます。


いいよ、と言いつつすごいいやそうな顔をする。
これは典型例です。

自分の欲を認められず、相手のことを許せない心は
いい子の仮面をかぶった、性格の悪い人でしかないです。

(これを感じない人は鈍感か相手に興味がない、
 自分がよけれなそれでいいと考えている場合が多い)

あなたは、狭くて規則ばかりの苦しい関係が好きですか?

自由で、愛し合っていて、心から信頼できる関係を望みますか?

もしも後者なら、やることはたった1つです。



・心から信頼しあい、愛し合える関係を築くには


自由で、愛し合っていて、心から信頼できる関係を築くために
とても大切なことは

【自分の欲を認め、素直に受け入れる】

これです。

男性は、自分の感情や欲を"悪"と捉えることが多いようです。

しかし、それは「髪を切りたい」と思うのと同様の
人間らしい欲求なので、認めたほうが健康です。

何度も言いますが、欲を認めず、我慢を続けると
うつ病・自殺という事態を招きます。


欲があるから、「いい家に住みたい」と家を建てる。
欲があるから、「清潔にしよう」とシャワーを浴びる。
欲があるから、稼ぐために働く。

欲って、そんなに全部が悪いものじゃないです。

婚活だって「結婚したい」という欲です。

いい加減、自分の押さえつけてみないふりをしてきた"欲"を
認めませんか?


欲を認められるようになると、
心が満たされるため、体にも変化が出てきます。

イキイキとした表情になりアンチエイジングになりますし
細胞が活発になり健康になっていく。
活力が出てくるので、仕事にも集中できる。
ついでにモテます。


もちろん、"程度"というものはありますが、
それはこれから出会う女性が教えてくれるでしょう。

そこで初めて話し合い、「こうしていこう」という
お互いが幸せになるための方向を決めることができます。


我慢を強制する関係に、自由を感じる幸せはほぼないです。

彼女もわがままは、素直な気持ちの表れ。
あなたの自由をつけとめる準備ができているサインの1つでもあります。


心から信頼し、愛し合うための秘訣は
【自分の欲求を認め、素直に伝えること】


あなたは"大人"です。
いい加減、子どものときの≪我慢≫≪いい子≫は卒業して
大人になってください。


大人は、果たすべき責任はきちんと果たす。

それとは別に、欲を認め、自分に素直になり、
相手と話し合うことができれば
もっと自由で、安心できる、強い絆で結ばれた関係を築くことができます。

お互いの愛と信頼関係で強く結ばれ
自由を許しあえる2人だからこそ、幸せな結婚を手にできるのだと思います。

そのままの狭い世界にとどまるのは、戦時中の
強制がはびこる時代に生きているのと同じで

あなたが"子ども"であると主張しているようなもの。

時代は令和です。
新しい時代の "今、ここ "を生きましょう。
______________________________________


~友人のような距離で、サポートします~


★無料オンライン相談受付中★

🌸仙台の結婚相談所 マリッジコネクト
https://www.marriage-connect.com/


📤お問い合わせ
https://www.marriage-connect.com/contactssl.html


🕊Twitter


PageTop